1. >
  2. >
  3. 世界一遅い動物はこれだ!TOP8紹介!

世界一遅い動物はこれだ!TOP8紹介!

多種多様な動物が地球上には生息しています。一説によると140万種もの動物たちが存在するとも言われています。(出典:『動物は何種類くらいいるの』学研)
140万種の中で最も動きの遅い動物とは何なのでしょうか。動きの遅い動物の中でも特にのろい動物をピックアップしました。ご参考になさってください。のんびり動物ライフを満喫している動物たちですね(笑)。

意外と知らない遅い動物たち

速いものや優秀とされる生き物には目がいきがちですが、おっそーい動物って気になりませんか?日本のサイトよりも海外のサイトが良くまとめられていますので、動きの遅い動物たちを数種類調べてみました。

マナティー

マナティ

マナティーは複数のランキングサイトで遅い動物ベスト10にランクインしていました。相当遅いのでしょう(笑)。

Manatees are also called sea cows. They are marine mammals who are mostly herbivorous, and reach up to a length of 4 m and weight of 590 kg. No wonder they are really slow. They have a speed of about 139-222 cm per sec approximately. They are lazy, too, as they hardly ever use their paddle-like flippers. The generally live in shallow waters, and carry their weight about by floating around.

https://www.wonderslist.com/top-10-slowest-animals-in-the-world/

上記引用を見てみると1秒に139~222cmしか動かないそうです。秒速1.3m~2.2mということになりますね。見た目を裏切らない遅さ!(笑)

アメリカドクトカゲ

トカゲ

トカゲは個人的には動きの速い部類だと思い込んでいましたが、このアメリカドクトカゲ(Gila monsters)は非常にゆっくりなトカゲのようです。
毎秒667cmですので秒速6.6m(あれ、意外に早くない?)の動作スピード。ちなみにアメリカ大陸で唯一毒を持つトカゲだと知られています。

ロリス

愛らしい目が特徴のロリス。スローロリスとも呼ばれ、驚くほどゆっくりな動物です。

Loris is a medium sized primate, often counted among strange and hideous creatures, what with its tennis ball eyes and curiously human-like but strangely long hands. They have slow movement, at a speed of about 55.5 cm per sec. They can extract mild toxins to discourage some predators, and can lumber to avoid them. Hence, they are fearless. Oh, and they are also nocturnal, hidden in the dark.

https://www.wonderslist.com/top-10-slowest-animals-in-the-world/

何と毎秒55cmの速度で動作するらしいです。秒速0.5mですね。現在、第1位候補と言っても過言ではなさそうです。上目遣いが非常に可愛いロリス。可愛いよ、ロリス。

ゾウガメ

真打登場!遅い動物といったらこれでしょう。ウサギさんと競争したのはいい思い出。一生懸命ゴールを目指してのろのろと歩みを進めます。ゾウガメがNo.1に決まっているでしょう。速く動くと毎秒76cm動くそうです!あれ、意外と速くない?秒速1m以下が普通になるという感覚麻痺を起こしてきました…

タツノオトシゴ

タツノオトシゴ

複数のサイトで評価が分かれたのがタツノオトシゴ。確かに俊敏なイメージはありませんが、一番遅い生き物だと結論付けるサイトもちらほら。

Yes, we know, the animal world is weirdly named. Seahorse is another instance. It is a marine fish that does bear an uncanny resemblance to the torso of a horse. But it definitely can’t move like one, because the highest speed at which they have been noted to move is 0.04 cm per sec. They have an erect way of swimming. Off the topic, did you know, it’s male seahorses who bear and birth babies?

https://www.wonderslist.com/top-10-slowest-animals-in-the-world/
何と毎秒0.04cmで移動するというのです。もう四捨五入すると秒速0mですね。実質動いてませんね。別のサイトでは時速0.5マイルが最高速度だと記載されていました。

The fast movement of seas horses are limited to 0.5 miles per hour. The very slow movements of seas horses make them stay within a unique place during their lifetime.

https://themysteriousworld.com/top-10-slowest-animals-in-the-world/
このサイトではベスト10のうち第5位にランキングされていました。実際、遅さ対決は判定が難しいですよね。どれだけ速く走れるかの方が単純明快で分かりやすい。誰の目にも1番だと映ります。タツノオトシゴの評価が割れる理由もこの動きの遅さの判定基準の難しさにあるのでしょう。

ヒトデ

ヒトデ

忘れてました。動かない動物…ヒトデです。色んなサイトにランクインしていました。そりゃそうですよね、動かないんですもん。泳ぎ回っているところを見たことがありません。ヒトデは2,000種類以上いるらしいのですが、それらの平均値として毎秒0.89~2.7cmくらいだと考えられているようです。秒速0.01mといったところでしょうか。ヒトデが動く動画を見つけたら掲載します。

ミユビナマケモノ

ナマケモノ

これまた見るからに遅い動物です。動きの遅い動物の代名詞と言ってもいいですね。怠け者なんて名前を付けたのは実に興味深い。

Sloths have the highest speed of 3 cm per sec. Three-toed sloths, at the speed of 6.7 cm per sec, can only travel about 5.6 km in one full day.

https://www.wonderslist.com/top-10-slowest-animals-in-the-world/
1秒間に最大で3cmしか動かないらしいですね。秒速0.03cm…あれ、ヒトデの方が遅い。

カタツムリ

色んなサイトでランクインしていたのがカタツムリ。納得ですね。最高速度が毎秒1.3cmと圧巻のスピードです。ヒトデといい勝負です。ちなみに1km動くのに21時間かかるらしいです。

This means that it will take them 21 hours to cover just 1 km.

地球上最遅を争う動物です。

動物たちの速度早見表

分かりやすくするために紹介した動物たちの速度を表にしてみました。

動物名称 秒速
マナティー 1.3m~2.2m
アメリカドクトカゲ 6.6m
ロリス 0.55m
ゾウガメ 0.76m
タツノオトシゴ 0.0004m
ヒトデ 0.01m
カタツムリ 0.013m

数値だけみるとタツノオトシゴがダントツ遅いようですね。他の動物たちも健闘しました。非常に良い試合だったと思います。これからも最遅(サイオソ)を目指して頑張りましょう。現場からは以上です!