1. >
  2. >
  3. エビの種類と飼い方

エビの種類と飼い方

飼育できるエビの種類、飼い方

エビといえば鮮魚料理店の大きな水層の中で飼われているものが思い浮かびますが、実は飼育用にもたくさんのエビが販売されています。

エビは魚と異なり独特の甲殻を持ったルックスと、素早い泳ぎができることが特徴です。
またエビは「水槽の掃除人」と言われるほど、水の中にあるゴミや苔などを取り除いてくれる生態をしています。
既にアクアリウムをしている人は、少しでもエビを一緒に入れてあげることで、水質をきれいに保つことができるでしょう。

エビは全体的に性格がおとなしく、魚と一緒の水槽に入れておいても、お互いに喧嘩になるということはありません。
ただしエビよりも体の小さい稚魚がいると食べられてしまったり、反対に大きな魚から食べられてしまうということがあるので、できるだけ体の大きさが同じくらいの魚と共存させるのがよいでしょう。

アクアリウム向けのエビとして最も有名なのが「ヤマトヌマエビ」です。
ヤマトヌマエビはアクアリウム初心者によく勧められる飼育の簡単なエビで、しかも比較的安価で購入できることから、アクアリウム水槽を立ち上げたときに一緒に入れることが多い種類となっています。
ヤマトヌマエビと並んで人気が高いのがミナミヌマエビで、小柄ながら水槽内の細かい汚れを取ってくれるということで、こちらも人気です。

ちなみにヤマトヌマエビは主にアオミドロやヒゲ状藻、さらに魚たちのエサの食べ残しを食べてくれるという反面で、水草を食べてしまうことがあったり、自身が多く糞を出したりという問題があります。
ミナミヌマエビはヤマトヌマエビよりも食欲は少なめですが、同じく水槽内のアオミドロや藻を食べてくれるという点がメリットです。

ただし水質が悪くなるとミナミヌマエビはすぐに体調が悪くなるので、そのあたりを考えてどういったエビにするかを考えるとよいでしょう。

美しい色合いのエビもいます

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビは、どちらかというとそれ自体を飼育するというよりも、アクアリウムの一部として飼育をすることが多いでしょう。

エビの中にはそれ自体が美しく、水槽の中を彩ってくれる美しいエビもいます。
現在とても人気なのが「ビーシュリンプ」という種類です。
ビーシュリンプはここ数年で急激に人気が出てきた小型の淡水エビで、水槽内で繁殖をしてくれることや、体の模様が個体によって異なるという見た目の面白さがあります。

ビーシュリンプは大きく紅白バンドと白黒バンドの二種類があり、いずれもくっきりとしたコントラストで柄がつけられています。
ヤマトヌマエビなどは水槽内の繁殖が難しいということが欠点でしたが、このビーシュリンプはどんどん増えてくれるので、育てる楽しみが味わえるでしょう。