1. >
  2. >
  3. アカカンガルー

アカカンガルー

カンガルー属の中でも最大種と言われています

カンガルーといえばオセアニア大陸のみで独自の進化をしてきた有袋類の代表的な動物です。
オーストラリアの国獣としてエミューとともに掲げられており、オーストラリアという国のシンボルとして世界的にもよく知られています。

ちなみになぜオーストラリアの国獣がコアラやタスマニアデビルではなくカンガルーとエミューなのかというと、この2つの動物は「前にしか進めない」からなのだそうです。

生物学的にカンガルーはカンガルー目(有袋目)カンガルー科カンガルー属と他に近い種を持たない独自のものとなっており、カンガルー科の品種の中に複数の種類があります。

アカカンガルーはカンガルー科の中でも最大サイズの体型をしているものとなっており、同じく大型種とされているオオカンガルー(ハイイロカンガルー)とともに直立したときのサイズは2mを超えます。

オオカンガルーは体毛が灰色ですがアカカンガルーは赤褐色をしており、頭の上についている耳は非常に大きく短毛で柔らかい毛並みが特徴的です。

カンガルー最大の特長はメスのお腹の部分についている「育児嚢」という袋で、出産した子供をこの袋に入れたまま移動をしていく様子がよく見られます。

なお有袋類が哺乳類と異なる大きな特長として、オスメスともにヘソがないということがあります。

のんびりしているようで実は足が速い

カンガルー特有の動きとして、発達した後肢を使って飛び跳ねるという移動方法があります。
基本的にカンガルーは夜行性ですが、昼間でも普通に動き回り涼しい木陰などで群れを作って休んでいます。

一見のんびりとした性格に見えるカンガルーたちですが、危機的状況になったときの運動能力はかなり高いということがわかっています。

普段直立しているときには大きな尻尾を地面に着けてバランスをとっているのですが、緊急時には尻尾を高く上げて高い跳躍をします。

歩行時の跳躍は1.2~1.9m程度ですが、全力疾走時の跳躍は8m近くにもなり速度は50km/hを超えるということも珍しくありません。

またカンガルーといえばボクシングスタイルの戦闘方法が有名ですが、アカカンガルーが本気でケンカをする時には前足で相手を捕まえ、尻尾でバランスをとりながら後肢で蹴りつけるという方法をとります。

特に繁殖期のオス同士のケンカはかなり激しいものとなっており、まるで相撲でもとっているかのように上半身を密着させた取っ組み合いをしながら相手の腹部に両足でキックをお見舞いするという独特の光景が見られます。

食性は草食が基本で、低木の若芽や樹皮などを食べることで水分を同時に補給しています。
現地では牧草を食べ荒らすこともあり、しばしば駆除の対象になっていたりします。