1. >
  2. >
  3. ヒョウ

ヒョウ

ヒョウ

ネコ科

ヒョウといえば美しい被毛の模様が印象的な猛獣です。
雪が降るほど寒いシベリア地方から、東南アジアの熱帯雨林、半乾燥地帯の砂漠まで広い範囲に生息しています。

特徴

食肉目ネコ科のヒョウは体長1.2Mから1.8Mほど、体重は30kgから80kgという、ライオンよりはかなり小型な肉食獣です。
ヒョウは肉食獣ならではの大きな美しい目と、頑丈な顎を持っていて肉をさく太い牙を持っています。
足は太くて上部でしなやかな体ですばしこい身のこなしができるのが特徴です。

ヒョウは樹上で生活している時間が長いため、木登りも得意で、ヒヒなどの獲物を木の上から狙って襲いかかることもあります。
地上で捕まえた獲物を丈夫な顎でくわえ木上まで持っていき、ゆっくり食べる姿はまさに王者の風格と言えるでしょう。
ヒョウが獲物を木の上に運んで食べるのは、ライオンやハイエナなどの他の猛獣から獲物を横取りされないためと言われています。
木登りが上手なヒョウはこうして樹上に運び上げた獲物を保存して数日に分けて食べることもあります。

艶やかなけ毛質

ヒョウの魅力はなんといってもその美しい毛皮です。
なめらかで艶やかな毛皮は美しさのあまり一時期ヒョウの乱獲に繋がってしまったこともあるのです。
ヒョウとチーターの見分けが付かないという方のために説明しますと、ヒョウは黒い斑点の内側にも黄色い地毛の部分があるのが特徴で、チーターの場合には黒い斑点のみとなっているので、毛皮を見ても容易に区別が付きます。

また陸上で暮し112Kmというスピードで獲物を追いかけるチーターは足が長くほっそりした印象ですが、ヒョウはどちらかというとずんぐりして足が短く見え、一瞬の瞬発力で獲物を仕留めるハンターという感じです。

黒ヒョウは突然変異!

ヒョウは一般的に黄色い地毛に黒い斑点のものが多いのですが、住んでいる地域や突然変異によって違ったカラーの種類もあります。
全身が真っ黒なクロヒョウはヒョウの黒変種で普通のヒョウから突然変異として生まれることがあります。

性質は獰猛で暗闇に紛れてハントをする狩りの名人です。
ユキヒョウは真白な体に黒い斑点をもった美しい動物です。
雪深いヒマラヤ地方に住んでいるので毛皮が厚く寒さに強い体質を持っています。
模様がヒョウに似ているのでユキヒョウと呼ばれますが、生物学上本当のヒョウの仲間ではありません。
美しくしなやかな体と、艶やかな毛皮を持ったヒョウは獰猛な猛獣に違いありませんが、とても人気のある動物なのです。