1. >
  2. >
  3. ハヤブサ

ハヤブサ

素早く空中を飛行する猛禽類の代表

ハヤブサはスポーツバイクの名称としても採用されている有名な猛禽類です。
猛禽類には「ワシタカ目」と「フクロウ目」と大きく二種類に分類することができ、ハヤブサはワシタカ目の一種類として分類をされています。

猛禽類という呼び方は学術的な正式な分類方法ではなく、鳥類の中でも獰猛な性格をしており他の鳥や動物を積極的に狩りをして食用するというものを総称したもののことです。

厳密に言うと同じ猛禽類でも「ワシタカ目」と「フクロウ目」はそれほど親しい種族ではなく、どちらかと言うとワシタカ目はサギやコウノトリに近い生態をしています。

ちなみに日本国内の法律では野生の猛禽類を捕獲して飼育をすることは禁止されているため、ペット用として飼育をするためには海外で繁殖されたものを購入する必要があります。

ハヤブサ科として分類される具体的な品種としては「チョウゲンボウ」「チゴハヤブサ」といった小型種が有名で、中型~大型種としては「ハヤブサ(ペルグリン)」「シロハヤブサ」といったものがあります。

ワシタカ目の鳥たちは、日本の歴史上鷹狩り用として飼育をされてきていることからもわかるように、大変に賢く飼い主に対して忠実な態度を示します。

ハヤブサもきちんと育てることで飼い主によくなれ、ペットらしい可愛らしさを見せてくれたりします。
しかし調教はインコやオウムのように誰でも簡単にできるものではなく、専門の調教師がいるほど難易度の高いものです。

調教をするときには事前に体に発信機・受信機を着けることが最低限のマナーとされています。
中型~大型種は室内で飼育するのはかなり難しいですが、小型種ならしっかりしつければ室内でも快適な環境を作ることも可能です。

ハヤブサを飼育するために必要な設備

ハヤブサを始めとする猛禽類を飼育するときに最も注意が必要なのが檻選びです。
というのも猛禽類は例え小型のものであってもかなり力が強いので、小鳥用のものでは簡単に破壊され逃亡をしてしまうからです。

鳥類用のケージには強度基準がありますので、きちんと猛禽類に対応できる製品を選び、正しく設置するようにしましょう。

また屋外や半屋外の小屋を設置する場合には、第三者に不用意に接触することがないように隔離する設備も必要です。
軒先には特定動物を飼養しているということを表示する義務もあります。

ケージ内には止まり木と巣箱を設置し、餌入れと給水器を入れておけばよいとされています。
餌は新鮮な生肉が基本となり、ネズミなど生き餌を与えると喜びます。

そうした肉類は食べ残しを放置しておくと腐敗をして強烈な臭いを放ちますので、毎日のケージ清掃では糞だけでなく食べ残しもキレイにしておくことが重要です。