1. >
  2. >
  3. カピバラ

カピバラ

カピバラ

カピバラについて

カピバラはカピバラ属に属する唯一の動物です。
原産地は南アメリカ大陸の東部、アマゾン川の流域を中心とする温暖な地域の水辺に生息しています。
ちなみに、日本名としては鬼天竺鼠です。
各国によって、カピバラ以外の呼び方があり、主に南米から中米ではカピバラと呼ばれているのですが、カルピンチョ、カピンチョ、カピーバ、などなど多くの呼び方があります。

現生する齧歯類の中では最大の大きさを誇っており、体長は大きなもので140センチ近くに成長し、体重も大きなものだと60キロを超えることも珍しくはありません。
非常に穏やかな性格をしており、人にも懐くことからペットとして飼われることもあるようです。
前脚と後ろ脚には水かきがついていることから、泳ぎも得意であり、群れをなして泳ぐこともあります。
また、捕食動物から逃げるため5分以上も水中に潜ることもでき、水場に生息するだけあって、水中での行動も得意です。

1度の出産において、1匹から7匹の子どもを産みます。
カピバラは集団生活をすることで知られており、1頭のオスに対して複数のメス、その子からなる10頭程度の群れで生活を行って、集団で子育てを行うのが大きな特徴です。
乾期になると、水場を求めて移動をするのですが、この時に100頭以上の群れとなってしまうこともあるそうですね。
食性は草食性であり、寿命はおよそ5年から10年程になります。

日本におけるカピバラの飼育について

現在、日本ではカピバラを見るには各地にある動物園へ足を運ぶのが一般的ですね。
放し飼いをされている動物園もあれば、エサを直接与えたり、触ったりできるところもあるので、事前に調べておくと良いかもしれません。

一般家庭でのカピバラの飼育ですが、現在のところでは違法となりませんので、飼育することは可能です。
上でも触れた通り、性格的にも温厚で人に懐くことから海外ではペットとして飼育されることもあるのですが、日本で飼育するのは難しいでしょう。
その理由の1つが、カピバラの大きさにあります。
大きな個体になると、成人女性程度の大きさにもなるカピバラですから、当然飼育するのならそれだけの広い飼育スペースが必要となってきます。
その上、カピバラは水辺で生き動物ですので、飼育スペースに水場は欠かせません。
カピバラは排泄をするのに、水中で行います。
なれてくると、前脚を水にいれた洗面器などに入れただけでも排泄行為をしてくれるようにもなるそうですが、個体差も大きくならすことが難しいことも珍しくありません。

基本的に、熱帯地方で生息する生き物ですので、日本の冬の場合は温度管理をする施設も必要になります。
もう1つ注意しておきたいことは、カピバラが病気になったとしても、カピバラを診察できる獣医が少ないことです。
仮に飼育するのなら、事前に診察できる獣医のいる病院を探しておくと良いかもしれません。

纏めると、日本においてカピバラをペットにすることは不可能ではありませが、飼育環境を整えたりすることを考えると、金銭的にかなり高いハードルがあると言えます。
カピバラそのものも販売している会社もありますが、その価格もかなり高めですので、良く検討してみて下さい。