1. >
  2. >
  3. レッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダ科

幅広い世代に人気の動物と言えば、以前ブームにもなったレッサーパンダです。
分類としては、哺乳綱ネコ目のレッサーパンダ科レッサーパンダ属となっています。
食肉類ですが、食べ物は幅広いものを食べるのです。

例えばパンダならではの笹を食べたり、果実なども好んで食べたりするので、雑食とも言えるでしょう。
レッサーパンダ以外の呼び方として、その見た目の赤毛の色からアカパンダとも呼ばれています。

特徴

特徴は独特の柄がある尻尾です。
体長は50センチからとなっていて、基本的には小柄となっていますが尾の長さが28から50センチもある場合があり、体とほぼ同じとなっています。

柄だけではなく、尻尾の長さも特徴の一つです。
動きはあまり俊敏ではありません。
俊敏ではないものの非常に木登りが得意で、木の上で休息を取ります。

木から木への移動もスムーズに行うことが可能です。

生息地はインド北東部やネパール、ブータン、中国などとなっています。
日本でも動物園などで飼育されていますから、身近な動物として親しまれているのです。
ブームとなったのは、動物園のレッサーパンダが注目されたことからとなります。
まるで人間のような姿で、二本足で立つレッサーパンダは愛くるしさから多くの日本人の心を掴み取ったのです。

レッサーブーム

レッサーパンダがいる動物園では、来場者数が急増すると言うことも起こっています。
動物園で身近になっているとはいえ、絶滅の危機となっている動物です。
その理由はレッサーパンダの生息地の現象が一番の理由となっています。
多くの絶滅危惧種がそうであるように、レッサーパンダも普段は森林に生息しているのです。
その森林が失われつつある地球では生きることが出来ません。

年々その数が減少していますから、日本で飼育されているレッサーパンダは、貴重な生き物です。
国際条約でも、保護されている動物になっています。

繁殖ですが、パンダといえば非常に繁殖が難しいとされている動物です。
レッサーパンダの場合は、一般的なパンダに比べますとそれほど難しいことはありません。

しかし絶滅の危機にあっている動物ですから、慎重に行っていかなくてはいけない事には変わりはないでしょう。
愛くるしい見た目によって、幅広い世代から人気を得ているレッサーパンダは、これからも動物園のアイドルとして活躍していく動物だと思います。

その姿を守るためにも、レッサーパンダの姿を通じて、環境などにも考えなくてはいけません。