ジリス

ジリス

ジリスについて

ジリスは地上で生活するリスのことであり、漢字で地栗鼠と書きます。
多くの種類は北アメリカに住んでおり、その他にはアフリカなどにも少数の種がいます。
様々な場所に住んでおり、草原から高山に砂漠や更には極地に住むジリスもいます。
昼行性であり通常のリスとは違い木には登らずに、砂地などの地上で生活し地下に巣穴を掘ったり岩陰や岩の間などで生活をします。

コロニーを形成して社会構造の中で集団で生活しており、警戒心が強く危険を察知したときは後ろ足で立ち上がり周囲を警戒します。
もしも天敵などが現れたときは危険を知らせるために、周囲に鳥のさえずりのような鳴き声で警戒を知らせます。
ペストなどの感染症を運んでくることもあるので、農家などでは駆除の対象となることもあります。

化石としては3,000万年以上前の地層から発掘されており、すでにこの頃からジリスは生息していたと考えられています。
ヨーロッパからその後ベーリング海などを通ってアジアやアメリカに分布していったものと思われます。

飼育について

ペットとして飼う場合はリチャードソンジリスなどがペットショップで売られています。
プレーリードッグなどと比べると野性味は少ないですが、小さいからだとその仕草は可愛いです。
人間に慣れるようになりますが、野生の感覚を残したままの個体が多いので、なかなか懐かない場合もあります。
しかし慣れてくればハーネスは必要とはなりますが、一緒に散歩させる事も出来ます。
また活発に動きまわるので、室内で飼育していても見ていて飽きないでしょう。
ただし飼う場合は太りやすくなる傾向にあるので、普段から食事に気をつけるべきです。

室内で飼う場合は運動量は制限されてしまうので、粗食を心がけるようにし、高カロリーな種子などのエサはあまり与えないようにしましょう。
トイレはしつけても覚えてくれませんが、個体ごとに気に入った場所をトイレにするので、その場所にトイレを設置してあげると良いです。
繁殖もさせようと思えば可能であり、1年に1度5匹前後の子供を産みます。
また種類によっては冬になると冬眠します。

エサはプレーリードッグ用のエサや果物やミルワームやコオロギなどの昆虫を与えると良いでしょう。
ミルワームやコオロギはペットショップに行けばエサ用として売られています。
ジリスがエサを食べるときは前足の両方でエサを持って口に運んでいくので、その姿はとても可愛いです。

野生では砂のある場所で生活しているために砂浴びをします。
同じように飼育する場合も砂を用意して砂浴びを週に1回か2回はさせるようにしてあげると良いでしょう。
砂浴びは皮膚病を予防する効果と、毛を健康に保つ効果があります。