ヤマネ

ヤマネについて

ヤマネとは山鼠と書く通りに、齧歯類に分類されます。
日本に生息するヤマネはニホンヤマネといって固有種です。
体長はおよそ8センチ程度、体重は20グラム程度と比較的に小さく、ハムスターによく似た動物ですが、尻尾が長いことからよりネズミに近い体型だと言えます。
冬季には冬眠するので、冬眠前には40グラム程度まで体重が増える個体もいるそうです。
背面は淡褐色の体毛をしており、腹部は白がかった褐色であるのが特徴になります。

森の妖精とも言われており、体毛が比較的に長いことから非常に可愛らしい動物だと言って良いでしょう。
ただし、日本に生息しているニホンヤマネは天然記念物にも指定されるくらいに希少であり、絶滅危惧がされるほどに珍しい動物です。
また、ほとんど進化していないことでも知られており、生きた化石であることもヤマネの特徴だと言えます。

ヤマネの歴史について

ヤマネは日本以外にもユーラシア大陸やアフリカ大陸に生息する動物です。
ヨーロッパからロシア、中央アジア、中国など幅広い範囲に生息しており、ヨーロッパでは5000万年も前の地層から化石が発見されています。
日本においても2000万年前の地層から化石が見つかっており、古代には大変繁栄していた種であったことがわかっております。
恐竜が滅んで以降、ほ乳が地上を席巻し始めた新生代には登場していたとも考えられています。

日本で生息するヤマネの祖先は、まだ日本が大陸と地続きであった頃に入ってきた種であると考えられており、大陸に生息するヤマネとは数千年万年前には分岐したと推定されています。
このことから高い固有性を誇っており、遺伝的に見れば別種になります。

ヤマネの生態について

基本的には森林地帯に生息する動物です。
樹上棲であり、細い枝にぶら下がりながら移動します。
枝と枝にジャンプをして渡ったりすることもあり、非常に活動的な種です。
夜行性であり、オスなら2ヘクタール、メスなら1ヘクタール弱の行動圏内を持っているそうです。
木の幹に空いた洞にコケや樹皮などを集めた巣を作ることが一般的ですが、岩の割れ目、スズメバチの古い巣などを利用して巣を作ることがあります。

冬季には上でも書いたように冬眠を行います。
冬眠を行う時には複数の個体が寄り集まることが多く、期間中は体内の脂肪を消費しながら、呼吸数や心拍数も低下させて寒さに対応するのが特徴です。

ヤマネの飼育について

基本的に日本に存在するヤマネについては、先述した通りに天然記念物に指定されていることから、ペットとして飼育することはできません。
ペットとして飼育できるのは、アフリカ産などを初めとする大陸産のヤマネであり、数種類のヤマネが輸入されてペットとして飼育することができます。
飼育そのものはあまり難しくなく、つがいで飼育することで容易に繁殖するそうです。
ただし、とても臆病な性格をしていることから手に乗せたり、触れたりするよりも観賞用として飼育した方が良いでしょう。