らんちゅう

らんちゅう
らんちゅう : Tetra おさかな図鑑 ::: スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社(旧テトラ ジャパン株式会社)

らんちゅうを飼おう

最近人気となっているペットにらんちゅうがあります。
らんちゅうは金魚のような見た目の可愛らしい魚です。
比較的珍しい魚で飼育方法にはポイントがあり、初心者でも飼うことはできますが、しっかりポイントを守ることが大切です。

ここではらんちゅうを飼育したいという方のために、らんちゅうの特徴や飼育の基本的なポイントをご紹介します。
初心者の方がまず気を付けるべきポイントをまとめているので、参考になれば幸いです。

らんちゅうの飼育方法をご紹介

らんちゅうを飼育する際にまず覚えておきたいのが、らんちゅうは生き物であるということです。
当たり前といえば当たり前の言葉なのですが、これはとても深いことばなのです。
この言葉の意味の深さを考えることからまずはスタートしましょう。

らんちゅうは生き物です。
人も生き物です。
つまり、らんちゅうを飼育する際は人と接するのと同じように愛情を持ってきめ細かく接する必要があるということなのです。
ペットは所詮ペットだからという気持ちで飼育していると、らんちゅうの飼育は上手くいかないことが多いです。
らんちゅうにも嫌われてしまう可能性があるので、まずはしっかりとらんちゅうの世話をするということを決めましょう。

らんちゅうは一見何気なく生きているように見えます。
ですが、実はとてもデリケートで上品な性格を持った生き物なのです。
そのためちょっとした刺激でストレスを感じてしまったり、弱ってしまったりしてしまいます。

らんちゅうの飼育に必要なのが、まずは水槽とエアーポンプです。
これらは必ず必要になるので用意しておきましょう。
エアーポンプは水中に酸素を送ることができるものですが、らんちゅうは特に酸素がないと生きることができません。
しっかりと酸素を水中に送り込んであげて、快適にらんちゅうが過ごせるように配慮してあげましょう。

また、らんちゅうは野外で飼育することをおすすめします。
らんちゅうを飼う方の中には室内で飼おうとする方もいますが、これだとらんちゅうが弱ってしまう可能性があります。
屋外で飼育することでよりらんちゅうに負担をかけない、自然に近い環境で飼育することができます。
熱帯魚などは室内で飼うことができるので、らんちゅうも同じように考えてしまう方がいますが、大きく異なります。
気を付けましょう。

また、らんちゅうは他の魚と一緒にしないことが大切です。
らんちゅうはらんちゅうのみで育てるようにしましょう。

らんちゅうを大切に飼育しよう

以上、らんちゅうの飼育方法のポイントをご紹介しました。
以上のようにらんちゅうの飼育には気をつける必要があることも多いですが、その分とても可愛いです。
ぜひあなたもらんちゅうを大切に飼育してほしいと思います。